コンテンツにスキップする

米エーオンの7-9月期:25%減益、リストラ費用など響く

世界最大の保険ブローカー、 米エーオンが30日発表した2009年7-9月(第3四半期)決算は、 前年同期比25%減益となった。ベンフィールド・グループ買収とリ ストラ計画に関連した費用として9900万ドルを計上したことが響い た。

発表資料によれば、継続事業ベースでの純利益は1億1700万ド ル(1株当たり40セント)と、前年同期の1億5500万ドル(同53 セント)から減少。一部項目を除いたベースでは1株当たり利益は 65セントとなり、ブルームバーグ・ニュースがまとめたアナリスト 14人の予想平均を1セント下回った。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE