コンテンツにスキップする

ソニー、パナソニック:今期最終赤字縮小へ、経費削減進む

家電世界最大手のパナソニックと 同2位のソニーは30日、今期(2010年3月期)の連結最終赤字が従 来予想に比べて、いずれも2割余り縮小する見通しを発表した。人員 削減や工場閉鎖などのコスト削減が想定以上に進んでいるため。

今期の最終赤字額は、ソニーが従来の1200億円から21%少ない 950億円に変更。パナソニックは従来の1950億円から28%改善した 1400億円に見直した。パナソニックは第2四半期(7-9月期)の純 損益が4四半期ぶりに黒字転換した。

2社はともに経営体質強化のためにコスト削減を強力に推進。円 高が直撃し、韓国サムスン電子などとの競争が激化するなか、ソニー は液晶テレビ事業を中心に生産体制の見直しを図っているほか、両社 で計4万人を超える人員削減計画を遂行している。

ソニーの固定費削減目標は通期で3300億円。同日会見した大根田 伸行最高財務責任者(CFO)は、4-9月期で計画の8割の削減を 実現したことを明らかにした。一方のパナソニックは通期で2600億円 の削減を計画していたが、上野山実取締役は4-9月期ですでに2093 億円を削減し、通期では計画以上となる3000億円を上回る見通しを示 した。

RBCインベストメントの武田洋二ファンドマネジャー(香港在 住)は「予想以上のコストカットが進んでおり、ポジティブな印象」 と両社を評価。ただソニーについては「次に手をつけなければならな いのは、新製品の開発だろう」と語った。

サムスン電子は過去最高益

同日に決算発表したサムスン電子は7-9月期の純利益が3兆 7200億ウォンと日本円にして約2870億円をたたき出し、四半期ベー スで過去最高を更新した。前年同期比では3倍超となる。世界的に景 気が持ち直し、製品価格が回復したのが背景。

液晶表示装置(LCD)部門の利益は前年同期に比べ2倍増の1 兆100億ウォン(約780億円)を計上。好調な薄型テレビ需要を背景 にLCDパネルの価格が上昇したことが寄与した。テレビを製造する デジタルメディア部門も約9400億ウォン(約720億円)と前年同期の 赤字から黒字に転換した。バックライトにLED(発光ダイオード) を使ったテレビの販売が拡大した。

ウォン安も追い風となったのは事実だが、ソニーの大根田氏はラ イバルの好調に対し、「基本的なところで負けたのは商品力。それは認 めざるを得ない。マーケティング力と言ってもいい」と語り、技術的 にはソニーが先行していたLEDテレビでサムスンが量産モデルにま で広げたことで「戦略的に差を付けられた」と負けを認めた。

ソニー、パネル調達を最適化へ

ソニーの液晶テレビ事業はまだ赤字だが、効率的な生産体制への 移行を急ぐ。8カ所の工場閉鎖のほか、9月にはメキシコ・ティファ ナ工場を電子機器の製造受託会社(EMS)大手で台湾の鴻海精密工 業に売却を決めた。

パネル調達ではこれまでのサムスンとの合弁に加え、シャープと の共同調達も来年以降に始める。ライバルの強みは「パネルを持って いること」と大根田氏。価格競争力をつけるためにも、ソニーも最適 な生産体制で最適なパネル購入を実現させる。

同氏は「ハイエンドのものは付加価値をつけ、ローエンドのもの は外に出していく」という基本戦略で追撃する方針で、「サムスン並み の商品に春のモデルで追いつきたい。その先の3D(3次元)、デバイ ス投入までにその差を縮めたい」という。通期で1500万台のテレビの 販売目標も変えない。上期実績は計画を約40万台下回ったが、下期以 降は来期モデルを前倒し投入するなどし「予定通りの数字にもってい く」考えだ。

一方のパナソニックも、液晶テレビの販売は4-9月までは予定 通り推移しており、1550万台という通期計画を維持する。ただ上野山 氏は「個人消費、失業率も改善の余地が見えない」と言い、先行き懸 念は強い。「受注も発注業者は在庫水準をかなり意識しており、短期の 発注が増えている」という。4-9月期は赤字で、通期でも赤字は残 る。両社のテレビ事業は改善が進んでいるとはいえ、回復への道のり はまだ険しい。

-- 共同取材:安真理子、近藤雅岐  Editors:Chiaki Mochizuki, Hideki Asai

参考画面: 東京 白木 真紀 Maki Shiraki +81-3-3201-7644 mshiraki1@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: 東京 大久保義人 Yoshito Okubo +81-3-3201-3651 yokubo1@bloomberg.net 東京 Young-Sam Cho +81-3-3201-3882 ycho2@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE