コンテンツにスキップする

NYSEユーロネクスト7-9月:28%減益、競争激化で

証券取引所運営で世界最大手の米 NYSEユーロネクストが30日発表した2009年7-9月(第3四半 期)決算は、前年同期比28%減益となった。株取引収入が落ち込んだ ほか、欧州での競争激化が響いた。

発表資料によれば、純利益は1億2500万ドル(1株当たり48セ ント)と、前年同期の1億7400万ドル(同66セント)から減少。一 部項目を除く1株当たり利益は53セントと、ブルームバーグ・ニュー スがまとめたアナリスト17人の予想平均(46セント)を上回った。

NYSEはまた、同社の米先物取引所「NYSE Liffe U S」の持ち分を売却するため、銀行団などとの合意書に署名したこと を明らかにした。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE