コンテンツにスキップする

パナソニック:通期営業益1200億円に上方修正、従来比60%増(Update

プラズマテレビ世界最大手のパナ ソニックは30日、今期(10年3月期)連結営業利益が1200億円にな る見通しと発表した。従来予想750億円に対して60%増の大幅修正と なった。

通期の連結純損益予想も従来の1950億円の赤字から1400億円の赤 字に変更。売上高予想は7兆円のまま据え置いた。同社は通期の固定費 削減目標を2600億円に設定しているが、東京証券取引所で会見した上野 山実取締役によると、4-9月期だけで2093億円を削減し通期では計画 以上の3000億円を上回る見通しという。

テレビ販売台数の通期目標は1550万台を維持した。上野山氏は 「1550万台を下回るとは考えていない」と話した。

同時に発表した第2四半期(7-9月期)連結純利益は61億円の 黒字と4四半期ぶりに黒字転換した。売上高は1兆7378億円、営業利 益は491億円だった。

-- 共同取材:安真理子 Editors:Chiaki Mochizuki, Takeshi Awaji

参考画面: 東京 白木 真紀 Maki Shiraki +81-3-3201-7644 mshiraki1@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: 東京 大久保義人 Yoshito Okubo +81-3-3201-3651 yokubo1@bloomberg.net 東京 Young-Sam Cho +81-3-3201-3882 ycho2@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE