コンテンツにスキップする

ソニー:通期純損失予想950億円に上方修正、液晶テレビ改善

ソニーは30日、今期(2010年3月 期)連結純損益予想を1200億円の赤字から950億円の赤字に上方修正 した。液晶テレビなどの分野、金融分野の営業損益が想定を上回って推 移しているため。

営業損益の見通しも600億円の赤字(従来予想は1100億円の赤字) に変更した。売上高予想は7兆3000億円のまま維持した。

同時に発表した第2四半期(7-9月期)連結純利益は263億円の 赤字と3四半期連続の最終赤字だった。円高が響いたほか、韓国サムス ン電子など他社との競争激化により液晶テレビ事業での競争力が低下。 据え置き型ゲーム機「プレイステーション3(PS3)」値下げの影響 なども収益を圧迫した。

7-9月の売上高は同20%減の1兆6612億円、営業損益は326億 円の赤字だった。

-- 共同取材:安真理子 Editors:Chiaki Mochizuki、Keiichi Yamamura

参考画面: 東京 白木 真紀 Maki Shiraki +81-3-3201-7644 mshiraki1@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: 東京 大久保義人 Yoshito Okubo +81-3-3201-3651 yokubo1@bloomberg.net 東京 Young-Sam Cho +81-3-3201-3882 ycho2@bloomberg.net

Mariko Yasu

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE