コンテンツにスキップする

全日空:今期純損失280億円予想、2期連続赤字-需要低迷

全日本空輸は30日、今期(2010 年3月期)業績予想を修正した。純損益予想は従来の30億円の黒字か ら280億円の赤字に転落し、2期連続の最終赤字を見込む。旅客需要 の低迷や低価格志向による単価下落が想定以上に厳しく、回復に時間を 要するとみられるため。

09年4-9月期連結の純損益は254億円の赤字だった。前年同期 は220億円の黒字。また、売上高は前年同期比19%減の6118億円、 営業損益は前年同期の498億円の黒字に対して283億円の赤字となっ た。

また、未定としていた今期末配当は見送る。前期末は1株当たり 1円だった。無配は7年ぶり。

全日空の日出間公敬専務は決算会見で「過去にまったく例を見な い落ち込み」とし、「世界経済の先行きは依然として厳しい」との認識 を示した。

グループ再編など経営戦略策定

また全日空は同日、グループ会社の統合や間接人員約20%削減な どを盛り込んだ次期経営戦略を発表した。デフレ基調下でも2010年度 の黒字転換、11年度に安定的な収益を生み出す体質構築を目指す。

11年度までにグループ経営管理体制を一層強化するため、現在7 社あるグループエアラインを10年度上期中に4社に、11年度末をめど に3社体制の方向性で再編する。また11年度末までに間接業務人員の 約20%にあたる約1000人の削減を実施する。こうした策を通じて、 まず10年度に約1000億円の収支改善を図るとしている。

--取材協力:クリス・クーパー、小松哲也 Editor:Hideki Asai、 Keiichi Yamamura

参考画面: 記事に関する記者への問い合わせ先: 東京 松田 潔社 Kiyotaka Matsuda +81-3-3201-8694 kmatsuda@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: 記事に関するエディターへの問い合わせ先: 東京 大久保 義人 Yoshito Okubo +813-3201-3651 yokubo1@bloomberg.net 東京 Bret Okeson +81-3-3201-8335 bokeson@bloomberg.net

日本市場 NI JMALL 企業ニュース JBN18, NI COS, NI KIGYO

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE