コンテンツにスキップする

東電:今期業績見通し、またもお預け-柏崎刈羽原発次第

東京電力は30日、2009年4-9 月期連結業績を発表したが、今期(2010年3月期)の見通しはまたも お預けとなった。理由は柏崎刈羽原子力発電所の営業運転再開時期が 未定なため。

都内で会見を行った武井優常務は「柏崎刈羽6、7号機のいずれ かが営業運転を再開した時点で、通年の収益予想を示す」と述べるに とどめた。

07年7月、新潟県中越沖地震後に停止した柏崎刈羽原発の再開に、 通期で3期ぶりの黒字転換がかかっているという構図には依然変化は ない。武井氏は「6、7号機が調整運転を再開したことで、これまで 総電力量として50億キロワット時を発電し400億円程度が利益のかさ 上げにつながった」と営業運転再開に望みをつなげた。

柏崎刈羽原発は5月に7号機、8月に6号機が調整運転を開始し たものの、営業運転になかなか移行できない状態にある。7号機は燃 料の一部交換作業ため停止中。6号機は調整運転中で、今月17日に新 潟県技術委員会から営業運転移行の了承を得て、新潟県、柏崎市、刈 羽村の3首長の最終判断待ちとなっている。

4-9月期の業績に目を転じると、東電の純利益は1382億円と前 年同期の1094億円の赤字から黒字転換を果たした。売上高は前年同期 比13%減の2兆4979億円。景気低迷で電力需要が前年を下回ってい るものの、円高と燃料価格低下が追い風となっているためだ。同日、 4-9月期の業績を発表した関西電力、中部電力も減収だったものの、 それぞれ黒字転換と増益を果たした。

【09年4-9月期の連結決算】
--------------------------------------------------------------
              東京電力            関西電力           中部電力
--------------------------------------------------------------
売上高       2兆4979            1兆2992            1兆1247
            (2兆8702)         (1兆3920)          (1兆2223)
営業利益        2407                2067               1566
             (▼1245)           (▼731)             (459)
経常利益        2040                1958               1421
              (▼1645)            (▼805)              (376)
純利益         1382                 1277                906
              (▼1094)            (▼525)             (232)
--------------------------------------------------------------
(カッコ内は前年、単位億円、▼は赤字)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE