コンテンツにスキップする

藤井財務相:「暫定税率をやめるのは当たり前」-一部廃止論を修正

藤井裕久財務相は30日午前の参 院本会議で、ガソリンにかかる揮発油税などの暫定税率を2010年度か ら廃止するかどうかについて「やめるのは当たり前だ」と述べ、政府 部内で急浮上した一部先送り論を軌道修正した。自民党の小池正勝氏 に対する答弁。

鳩山政権はマニフェスト(政権公約)に暫定税率の来年度からの 廃止を明記しており、藤井財務相も就任当初からその実現を繰り返し 強調してきた。一方で、峰崎直樹財務副大臣が29日の税制調査会後の 記者会見で、「竹を割ったように全部一気にできるかはこれからの議論 だ」などと述べ、段階的に廃止する可能性を示唆していた。

これに対し、藤井財務相は同日午前の閣議後会見で、「論理として 暫定税率は道路のためではない。この異常さを直す意味において暫定 税率は廃止する。それが納税者に対する責任だ」と言明した。

一方、暫定税率の廃止によって国・地方合わせて約2.5兆円の税 収減につながることから、藤井財務相は「温暖化対策問題を暫定税率 廃止との観点でどう考えるかは税調の議論の対象だ」と述べ、新たに 環境税を導入することで減収分を補てんする考えを示した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE