コンテンツにスキップする

NY原油時間外:10月は5カ月ぶり上昇に-米GDP3.5%増を好感

ニューヨーク原油先物相場は30 日の時間外取引で小動き。月間ベースの上昇率は過去5カ月で最大と なりそうだ。7-9月(第3四半期)の米国の国内総生産(GDP) がプラス成長となったことで、燃料需要が増加するとの見方が強まっ た。

前日の通常取引では3.1%上昇した。上昇率は過去2週間で最大。 米商務省が発表した7-9月期のGDPは年率3.5%増となり、予想 の3.2%増を上回った。

コモンウェルス銀行(シドニー)の商品ストラテジスト、デービ ッド・ムーア氏は「日欧米から前向きな経済ニュースが続いた。ドル も下げた。前日の相場は商品全般が強かった」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物12月限はシン ガポール時間午前10時30分(日本時間同11時30分)現在、14セン ト高の1バレル=80.01ドルで推移している。前日の通常取引は2.41 ドル高の79.87ドルで引けた。年初来の上昇率は79%。月間では13% 高と5月の30%以来の上昇ペースとなりそうだ。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE