コンテンツにスキップする

コマツ株が反発、4-9月期純利益が予想比2倍と発表(Update1)

4-9月期の連結純利益が従来予 想比で2倍になったと発表したコマツの株価が反発。前日比52円 (3%)高で取引が始まり、一時同66円(3.8%)高の1812円をつけ た。午前10時35分現在、同56円(3.2%)高の1802円。

コマツが29日発表した4-9月期連結純利益は82億円と、前年 同期に比べると92%減となったものの、従来予想(40億円)に比べて 2倍だった。固定費削減が進んだのが主因。

野村証券の斎藤克史アナリストは30日付の投資家向けリポート で、コマツの4-9月期業績について、在庫調整の終了や新興国での増 収で、下期から大幅増益になる確度が高まっていると分析している。

斎藤氏は、下期の営業利益が上期に比べて大幅増になると予測。根 拠として①新興国の売り上げ増で下期の売上高が上期比増収になる②在 庫調整の終了が150億円の営業増益要因になる-などの見通しを示し た。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE