コンテンツにスキップする

ルービニ教授:景気回復は「精彩を欠く」-米国、ユーロ圏と日本経済

金融危機の到来を予想したこと で知られる米ニューヨーク大学のヌリエル・ルービニ教授は29日、 世界の先進国の景気回復は勢いに欠けるだろうとの見方を示した。

ルービニ教授は政財界の要人が集まるパリでの会合で講演し、「米 国、ユーロ圏と日本の成長は精彩を欠いたものとなるだろう」と述べ、 「潜在成長率」は米国で3%、ユーロ圏と日本で2%だと指摘した。

米商務省が29日発表した第3四半期(7-9月)の実質国内総 生産(GDP、季節調整済み、年率)速報値は前期比年率3.5%増加 し、5四半期ぶりのプラスとなった。景気刺激策による個人消費や住 宅建設の拡大が寄与した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE