コンテンツにスキップする

EU新基本条約:チェコ批准へ、発効に前進-適用除外で譲歩

欧州連合(EU)首脳会議は29 日、EUの国際的影響力の強化を目指す新基本条約「リスボン条約」 について、チェコに基本権利憲章の適用除外を認めることで合意し、 条約発効に向けた最後の障害の一つが取り除かれた。

チェコのクラウス大統領は、リスボン条約の批准を妨げない条件 として、適用除外を認める譲歩を求めていた。条約は新たにEU大統 領を創設する規定も盛り込んでいる。

EUの行政執行機関、欧州委員会のバローゾ委員長は記者団に対 し、「今夜、最後の政治的障害が取り除かれた」と発言。チェコのフィ シェル首相は29日、「憲法裁判所が11月3日にリスボン条約が憲法に 違反しないという判断を示せば、批准を完了する上で障害はなくなる だろう」と述べ、クラウス大統領も「問題なく受け入れる」と付け加 えた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE