コンテンツにスキップする

バークレイズとBNP、独ヘッジファンドK1からの被害3億ドルか

英銀バークレイズとフランスの BNPパリバは、ドイツのヘッジファンド会社K1グループによって 合計3億ドル(約270億円)の被害を受けた可能性がある。今週逮捕 されたK1の創業者、ヘルムート・キーナー容疑者(50)の逮捕状に よると、K1はバークレイズから最大2億4000万ドル、BNPから 6000万ドルを騙し取ったもようだ。

ドイツのビュルツブルクの裁判所が出した逮捕状によれば、キー ナー容疑者はバークレイズから預かった資産のうち2億2000万ドル を合意に反した使い道に充てた。この資金の大半は消失しているとい う。また、バークレイズはキーナー容疑者に手数料として約2000万 ドルを支払っている。

K1は国際的な刑事捜査の対象となっている。捜査について知る 複数の関係者によると、複数のヘッジファンドに投資するファンド・ オブ・ヘッジ ファンドを運営するK1は、投資を膨らませるため銀行 を欺いていた疑いが持たれている。これに絡み米JPモルガン・チェ ースや仏ソシエテ・ジェネラルも含めた複数の銀行に計約4億ドルの 被害が出ているという。

キーナー容疑者は28日に逮捕され、身柄を拘束されている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE