コンテンツにスキップする

日銀:特別オペは3月末まで延長し完了-CP、社債購入終了

(発表内容を追加します)

【記者:日高正裕】

10月30日(ブルームバーグ):日本銀行は30日午後、コマーシャ ルペーパー(CP)と社債の買い入れを年内で停止すると発表した。 企業金融支援特別オペは来年3月末まで延長した上で完了する。同日 開いた金融政策決定会合で決めた。特別オペの来年3月末での完了と 社債買い入れ終了には、水野温氏審議委員が反対した。

0.1%の政策金利は全員一致で現状維持。長期国債の買入額も月

1.8兆円に据え置いた。日銀は声明で「当面、現在の低金利水準を維 持するとともに、金融市場における需要を十分満たす潤沢な資金供給 を通じて、極めて緩和的な金融環境を維持していく」としている。

日銀は昨年9月のリーマン・ブラザーズ破たんをきっかけとした 金融市場の混乱を受け、同年12月にCP買い入れ、企業債務の担保の 範囲で0.1%で無制限に資金調達できる企業金融支援特別オペ、今年 1月に社債買い入れを決定した。その後、市場が安定を取り戻したた め、CPと社債買い入れは終了する一方で、特別オペは通常のオペで ある共通担保資金供給オペに移行させる準備期間が必要と判断した。

日銀はこのほか、来年1月15日が期限だった補完当座預金制度、 いわゆる付利制度を当分の間延長するほか、民間企業債務と資産担保 CP(ABCP)の適格担保基準の緩和についても、来年3月末から 12月末に期限を延長することを決定した。

年度末越え資金に一抹の不安も

日銀は声明文で「最近のわが国の金融環境をみると、厳しさを残 しつつも、CP、社債市場をはじめ改善の動きが広がっている。今後 とも、金融市場の安定を確保し、それを通じて企業金融の円滑化を支 援していく上では、金融市場の状況変化に即応した、最も効果的な金 融調節手法を採用することが必要である」と表明した。

企業金融支援特別オペについては「年度末に向け、金融市場の安 定確保に万全を期すため、来年3月末まで延長した上で完了する」と 言明。「4月以降は、より広範な担保を利用できる共通担保オペ等の金 融調節手段を活用して潤沢な資金供給を行う態勢に移行する」として いる。特別オペは9月末時点で7兆円近い残高があり、年内で終了す ると、年度末越えの資金調達に影響が及ぶと懸念する声があった。

東短リサーチの加藤出チーフエコノミストは会合終了前、「特別オ ペは固定金利で無制限というオペなので、価格競争が起きず、CP市 場で企業の信用力や発行量に応じた金利形成がされないという不自然 な状況ではあるので、いずれは解消する方向で対応すべきだ」としな がらも、終了するのは「とりあえず来年3月の期末越えまで待っても 良いではないか、というのも無難な見方だ」と指摘していた。

超低金利は粘り強く継続

民間金融資産を買い切る中央銀行としては異例の措置について、 日銀は出口に向けて大きな一歩を踏み出した。しかし、政策金利が

0.1%という超低金利については、今後も粘り強く続けていく方針だ。 30日午後公表される経済・物価情勢の展望(展望リポート)では、消 費者物価指数(除く生鮮食品、コアCPI)前年比上昇率が2011年度 まで3年連続でマイナスとなる予測が示される見込みだ。

大和総研の田谷禎三特別理事は「物価が下落する下では、政策金 利の引き上げはやはり難しいだろう」と指摘する。ブルームバーグ・ ニュースのエコノミスト調査でも、11年前半まで現在の0.1%が維持 されるとの見通しがコンセンサスになっている。

議事要旨は11月26日に公表される。白川方明総裁は午後3時半 に記者会見を行う。今後の金融政策決定会合等の予定は以下の通り。

会合開催       総裁会見  金融経済月報  議事要旨
11月19、20日   11月20日     11月24日     12月24日
12月17、18日   12月18日     12月21日     1月29日
1月25、26日   1月26日     1月27日     2月23日
2月17、18日   2月18日     2月19日     3月23日
3月16、17日   3月17日     3月18日     4月12日
4月6、7日   4月7日     4月8日     5月6日
4月27日       4月27日        -        5月26日
5月20、21日   5月21日     5月24日     6月18日
6月14、15日   6月15日     6月16日       未定

総裁会見は午後3時半。金融経済月報は午後2時、議事要旨は午 前8時50分。経済・物価情勢の展望(展望リポート)は4月27日の 午後3時に公表される。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE