コンテンツにスキップする

韓国中小企業銀:サムライ債、総額262億円で発行条件を決定

韓国中小企業銀行が30日、円建て債 (サムライ債)の起債額を総額262億円とする発行条件を決定した。同日 募集を行う。共同主幹事のUBS証券が明らかにした。ブルームバーグ ・データによると、同行のサムライ債発行は、2007年11月の起債(600 億円)以来、2年ぶり。

発行条件の内訳は、第5回債(2年)193億円、第6回債(3年)69 億円の2本で、表面利率はそれぞれ、2.20%、2.39%。発行価格は100円 。利回りは、円スワップレートに対する金利上乗せ幅でそれぞれ、+155 bp、+165bpとした。発行日は11月9日。共同主幹事は、大和証券SMB C、野村証券、RBS証券、UBS証券の4社が共同で務める。

格付けは、スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)のA、日本 格付研究所(JCR)のA+を取得する。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE