コンテンツにスキップする

欧州株:上昇、米GDP統計を好感-KBCやロイズが高い

欧州株式相場は上昇し、ダウ 欧州600指数は前日の7月以来の大幅安から反発した。米経済が7 -9月(第3四半期)に予想を上回るプラス成長となったことが材料 となった。

ベルギーの金融サービス会社、KBCグループは17%の大幅高。 70億ユーロの公的資金返済計画をめぐる欧州連合(EU)との交渉が 「順調に進んでいる」との報道が買いにつながった。英銀ロイズ・バ ンキング・グループは7.5%上昇。英政府の資産保証スキーム(AP S)の利用を回避するため、同行が株主割当増資を検討していること が好感された。

フィンランドの製紙会社、UPMキンメネを中心に資源株が高い。 同社がアナリスト予想を上回る黒字となったことが買いを誘った。

ダウ欧州600指数は前日比1.9%高の241.73と、ここ2週間 で最大の値上がりとなった。

米商務省が29日発表した第3四半期の実質国内総生産(GD P)は前期比年率3.5%増加し、ブルームバーグ・ニュースがまとめ たエコノミストの予想中央値(3.2%増)を上回った。5四半期ぶり のプラスだった。

ロベコ・アセット・マネジメント(パリ)の投資部門ディレク ター、イブ・マイヨ氏は、「米GDP統計は良い驚きだった。これが 相場を押し上げた」と指摘し、「経済活動と家計支出で回復の勢いが あるのは明らかだ」と付け加えた。

29日の西欧市場では、ギリシャを除く17カ国で主要株価が上 昇した。ダウ・ユーロ50種指数は前日比1.7%高、ダウ・欧州50 種指数は1.5%上げた。

資源株

UPMキンメネは8.1%上昇。ダウ欧州600指数を構成する産 業グループの中で、資源銘柄は最大の上げを演じた。UPMキンメネ の7-9月期純利益は4000万ユーロと、アナリストの予想平均 (2240万ユーロ)を上回った。

スイスの産銅会社エクストラータは7.4%上昇し、メキシコの銀 生産会社フレスニージョは6.7%上げた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE