コンテンツにスキップする

10月29日の欧州マーケットサマリー:株が上昇、米GDPを好感

欧州の為替・株式・債券・商 品相場は次の通り。(表はロンドン午後6時現在)

為替 スポット価格 前営業日 ユーロ/ドル 1.4836 1.4706 ドル/円 91.51 90.75 ユーロ/円 135.76 133.43

株 終値 前営業日比 変化率 ダウ欧州株600 241.73 +4.39 +1.8% 英FT100 5,137.72 +57.30 +1.1% 独DAX 5,587.45 +91.18 +1.7% 仏CAC40 3,714.02 +50.24 +1.4%

債券 直近利回り 前営業日比 独国債2年物 1.36% +.07 独国債10年物 3.33% +.07 英国債10年物 3.67% +.06

商品 直近値 前営業日比 変化率 金 現物午後値決め 1,040.50 +8.75 +.84% 原油 北海ブレント 78.34 +2.48 +3.27%

◎欧州株式市場

欧州株式相場は上昇し、ダウ欧州600指数は前日の7月以来の大 幅安から反発した。米経済が7-9月(第3四半期)に予想を上回る プラス成長となったことが手掛かり。

ベルギーの金融サービス会社、KBCグループは17%の大幅高。 70億ユーロの公的資金返済計画をめぐる欧州連合(EU)との交渉 が「順調に進んでいる」との報道が買いにつながった。英銀ロイズ・ バンキング・グループは7.5%上昇。英政府の資産保証スキーム(A PS)の利用を回避するため、同行が株主割当増資を検討しているこ とが好感された。

フィンランドの製紙会社、UPMキンメネを中心に資源株が高い。 同社がアナリスト予想を上回る黒字となったことが買いを誘った。

ダウ欧州600指数は前日比1.9%高の241.73と、ここ2週間 で最大の値上がりとなった。

米商務省が29日発表した第3四半期の実質国内総生産(GD P)は前期比年率3.5%増加し、ブルームバーグ・ニュースがまとめ たエコノミストの予想中央値(3.2%増)を上回った。5四半期ぶり のプラスだった。

ロベコ・アセット・マネジメント(パリ)の投資部門ディレク ター、イブ・マイヨ氏は、「米GDP統計は良い驚きだった。これが 相場を押し上げた」と指摘し、「経済活動と家計支出で回復の勢いが あるのは明らかだ」と付け加えた。

29日の西欧市場では、ギリシャを除く17カ国で主要株価が上 昇した。ダウ・ユーロ50種指数は前日比1.7%高、ダウ・欧州50 種指数は1.5%上げた。

◎欧州債券市場

欧州債市場では、ドイツ国債相場が下落。独10年債はこのまま でいけば、月間ベースで5カ月ぶりマイナスとなる。この日発表され た欧州と米国の経済統計で世界景気の回復ペースが速まりつつある兆 候が強まったことを受け、株価が上昇した。

10年債利回りは1週間余りで最大の上昇。10月のユーロ圏景況 感指数が予想を上回ったほか、米経済は今年7-9月(第3四半期) に5四半期ぶりにプラス成長となった。独10年債とギリシャ10年 債の利回り格差(スプレッド)は先月8日以来で最大になった。米格 付け会社ムーディーズ・インベスターズ・サービスがギリシャ国債の 格付けを引き下げ方向で見直すと発表したことが背景にある。イタリ アはこの日、約74億ユーロ相当の国債入札を実施した。

ウニクレディト・マーケッツ・アンド・インベストメント・バン キングの債券ストラテジスト、ルカ・カツラーニ氏は「供給増と景気 回復への見通しから、当社は長期国債に対しては弱気だ。投資家はそ れぞれのポートフォリオで国債がオーバーウエートにならないように する必要がある」と語った。

ロンドン時間午後4時22分現在、10年債利回りは前日比6ベ ーシスポイント(bp、1bp=0.01%)上昇の3.32%。同国債 (表面利率3.5%、2019年7月償還)価格は0.52ポイント下げ

101.44。2年債利回りは7bp上昇し1.36%となった。

◎英国債市場

英国債相場は続落。2年債利回りはここ1週間で最大の上げを記 録した。午前に発表された米国の7-9月(第3四半期)国内総生産 (GDP)が予想以上の伸びを記録、高リスク資産への選好が強まっ た。

イングランド銀行(英中央銀行)が発表した9月の英住宅ロー ン承認件数が5万6215件と、前月の5万2970件から増加したこ とも国債の売り材料だった。

米商務省が発表した第3四半期の実質国GDP(季節調整済み、 年率)速報値は前期比年率3.5%増加した。5四半期ぶりのプラス だった。ブルームバーグ・ニュースがまとめたエコノミストの予想中 央値は3.2%増だった。

エボリューション・セキュリティーズ(ロンドン)の債券アナ リスト、エリザベス・アフセス氏は、「米国のリセッション(景気 後退)は理論上では終了した。これは国債にとってではなく、信用 市場やリスク資産にとっての好材料だ。これを背景に英国債は下げ るだろう。住宅ローンの承認件数が予想よりも若干良かったことも 売りを誘った」と語った。

ロンドン時間午後4時25分現在、2年債利回りは前日比6b p上昇し0.88%。同国債(表面利率4.25%、2011年償還)価格 は0.09ポイント下げ104.53。10年債利回りは6bp上げて

3.66%。

ニューヨーク・ニューズルーム   1-212- 617-3007

参考画面: 記事に関する記者への問い合わせ先: ニューヨーク 名子 知子 Tomoko Nago-Kern +1-212-617-2407 tnagokern@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: 東京 大久保 義人 Yoshito Okubo +81-3-3201-3651 okubo1@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE