コンテンツにスキップする

欧州債:下落、経済統計の改善と株高で-独10年債利回り3.32%

欧州債市場では、ドイツ国債 相場が下落。独10年債はこのままでいけば、月間ベースで5カ月ぶ りマイナスとなる。この日発表された欧州と米国の経済統計で世界景 気の回復ペースが速まりつつある兆候が強まったことを受け、株価が 上昇した。

10年債利回りは1週間余りで最大の上昇。10月のユーロ圏景況 感指数が予想を上回ったほか、米経済は今年7-9月(第3四半期) に5四半期ぶりにプラス成長となった。独10年債とギリシャ10年 債の利回り格差(スプレッド)は先月8日以来で最大になった。米格 付け会社ムーディーズ・インベスターズ・サービスがギリシャ国債の 格付けを引き下げ方向で見直すと発表したことが背景にある。イタリ アはこの日、約74億ユーロ相当の国債入札を実施した。

ウニクレディト・マーケッツ・アンド・インベストメント・バン キングの債券ストラテジスト、ルカ・カツラーニ氏は「供給増と景気 回復への見通しから、当社は長期国債に対しては弱気だ。投資家はそ れぞれのポートフォリオで国債がオーバーウエートにならないように する必要がある」と語った。

ロンドン時間午後4時22分現在、10年債利回りは前日比6ベ ーシスポイント(bp、1bp=0.01%)上昇の3.32%。同国債 (表面利率3.5%、2019年7月償還)価格は0.52ポイント下げ

101.44。2年債利回りは7bp上昇し1.36%となった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE