コンテンツにスキップする

グローバル・ストックマーケット・サマリー【アジア・太平洋編】

アジア・オセアニア各株式市 場の動きは以下の通り。

【香港株式市況】

香港株式相場は下落。指標のハンセン指数が約1カ月で最大の下 げとなった。中国当局が個人向け融資の規則を厳格化する方針を示し たことを嫌気し、中国関連株を中心に下げた。中国の交通銀行とペト ロチャイナ(中国石油)は利益が市場予想を下回り売られた。

上場銀行で中国4位の交通銀行(3328 HK)は5.4%安。中国 の石油大手ペトロチャイナ(857 HK)は4%安。半導体ファウンド リー(受託生産)中国最大手の中芯国際集成電路製造(SMIC、 981 HK)も、赤字と減収を嫌気し3.8%下げた。

このほか中国銀行(3988 HK)も安い。中国政府系の不動産会 社チャイナ・リソーシズランド(華潤置地、1109 HK)も3.1%下 落した。

ハンセン指数は前日比496.59ポイント(2.3%)安の

21264.99と、2日以来で最大の下落。ハンセン中国企業株(H株) 指数は前日比2.8%安の12466.67。

【中国株式市況】

中国株式相場は下落。上海総合指数が約2週間ぶりの安値となっ た。交通銀行の利益がアナリスト予想を下回ったことに加え、政府が 個人向け融資規制の強化を計画していることを明らかにし、銀行株や 不動産株を中心に軟調だった。

交通銀(601328 CH)は3.2%安。2009年7-9月(第3四半 期)の純利益が前年同期比1.5%増と、市場予想より小幅な伸びにと どまった。中国工商銀行(601398 CH)は2.2%安。不動産開発会 社の万科企業(200002 CH)も下落。中国銀行業監督管理委員会 (銀監会)が、融資が投機でなく実体経済に行き渡ることを確実にす るよう規制を強化すると発表したことが手掛かり。

同国石油最大手、ペトロチャイナ(中国石油、601857 CH)は

1.9%安。減益決算や原油安が嫌気された。

フォルティス・インベストメント・マネジメントのシニア投資ス ペシャリスト、サイモン・ゴッドフリー氏は、ブルームバーグテレビ ジョンとのインタビューで、「われわれがさまざまなところで見てい るのは、まさに予兆かもしれない」とし、当局が均衡を保つために民 間部門の刺激策の一部を撤廃する可能性を指摘した。

上海証券取引所の人民元建てA株と外貨建てB株の双方に連動す る上海総合指数は、前日比70.86ポイント(2.3%)安の2960.47 と、今月13日以来の安値となった。上海、深セン両証取のA株に連 動するCSI300指数は同2.5%安の3247.05。

【インド株式市況】

インド株式市場では、指標のセンセックス30種株価指数が4日 続落。インフレ率が5月以降で最大となったことを背景に、ICIC I銀行などの金融株が下げた。スターライト・インダストリーズは減 益が嫌気され、売られた。

インド2位の銀行、ICICI銀は4.7%安。インド政府が29 日発表した17日終了週の卸売物価指数(WPI)は前年同期比

1.51%上昇と、インフレが加速した。銅・亜鉛生産で国内最大手の スターライトは1.9%下落。同社の7-9月(第2四半期)は前年同 期比25%減益だった。

国内2位のソフトエアサービス会社、インフォシス・テクノロジ ーズは2.1%安。インドのIT(情報技術)企業にとって最大の輸出 先である米国で、9月の新築一戸建て住宅販売件数が予想に反して前 月から減少したことが材料視された。

ボンベイ証券取引所のセンセックス指数は前日比230.77ポイン ト(1.4%)安の16052.72で終了。

ICICI銀行(ICICIBC IN)は771.75ルピーと9月4日以 来の安値。スターライト(STLT IN)は745.85ルピー、インフォ シス(INFO IN)は2208.35ルピー。

【オーストラリア株式市況】

ASX200指数は前日比110.4ポイント(2.4%)安の

4574.7。

【韓国株式市況】

韓国総合株価指数は前日比23.86ポイント(1.5%)安の

1585.85。

【台湾株式市況】

加権指数は前日比178.26ポイント(2.4%)安の7355.69。

【シンガポール株式市況】

ST指数は前日比16.67ポイント(0.6%)安の2632.31。

【マレーシア株式市況】

FTSEブルサマレーシアKLCI指数は前日比7.30ポイン ト(0.6%)安の1241.75。

【タイ株式市況】

SET指数は前日比13.85ポイント(2%)安の690.10。

【インドネシア株式市況】

インドネシア株式相場は下落。指標のジャカルタ総合指数は、前 日比11.28ポイント(0.5%)安の2344.03で引け、4日続落とな った。

この日は一時、前日比5.1%安まで下落したが、取引終了にかけ て値を戻した。ジャカルタ総合指数は今週5%安と、このままいけば 週間ベースで5カ月ぶりの大幅な下落率となる。

【フィリピン株式市況】

フィリピン総合指数は前日比45.88ポイント(1.6%)安の

2862.33。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE