コンテンツにスキップする

米エクソン:7-9月期68%減益、アナリスト予想も下回る

米石油大手のエクソンモービル が29日に発表した7-9月(第3四半期)決算は、純利益が47億 3000万ドル(1株当たり98セント)と、前年同期の148億ドル(同

2.85ドル)から68%減少した。1株当たり利益はブルームバーグが まとめたアナリスト15人の平均予想を4セント下回った。減益は4四 半期連続。

世界的な需要低迷を背景に原油平均価格は前年同期からバレル当 たりほぼ50ドル下落。これの影響でエクソンの米製油所は1日当たり 約230万ドルの損失を出した。同社はまた、10-12月(第4四半 期)に計画している自社株買いを20億ドル相当に半減する方針も明ら かにした。

天然ガス先物相場が62%下落したこともあり、エクソンの売上高 は40%減の823億ドルとなった。原油・天然ガス油田事業の利益は 63%減少、製油事業は89%減。化学部門は19%減少した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE