コンテンツにスキップする

ECB政策委クアデン氏:金融政策スタンスの早期変更なしを示唆

欧州中央銀行(ECB)政策 委員会メンバーのクアデン・ベルギー中銀総裁は29日、景気回復は 依然として脆弱(ぜいじゃく)で、インフレは抑制された状態が続く 公算だと述べ、早期の金融政策スタンス変更がないことを示唆した。

クアデン総裁はブリュッセルで記者団に対し、「今後数カ月間、 インフレは極めて弱いままで、景気回復は脆弱(ぜいじゃく)である 可能性が高い」とし、「金融政策姿勢についてここから引き出される 結論は、至って明白だと思われる」と語った。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE