コンテンツにスキップする

韓国中小企業銀、サムライ債の発行利回りレンジが縮小-需要調査

韓国中小企業銀行が発行を準備し ている2年物と3年物の円建て外債(サムライ債)の需要調査で、投 資家に提示している発行利回りのレンジ幅が従来の40ベーシスポイ ント(1bp=0.01%)程度から5bpまで縮小している。最終的な発行 条件は30日に決まり募集を行う見通しだ。

事情に詳しい関係者によると、投資家に打診している発行利回り の円スワップレートに対する金利上乗せ幅は、2年債が+155bpから +160bp、3年債が+165bpから+170bp。これまでは、2年債が+135 bpから+175bp、3年債が+145bpから+185bpのレンジで需要調査を 行っていた。

共同主幹事は、大和証券SMBC、野村証券、RBS証券、UB S証券の4社が共同で務める。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE