コンテンツにスキップする

独BASFの7-9月:69%減益、予想に届かず-販売低迷

世界最大の化学品メーカー、ドイ ツのBASFが29日発表した2009年7-9月(第3四半期)決算は、 前年同期比69%の減益となり、市場予想よりも減益幅が大きくなった。 製品出荷量の減少と価格下落が収益を圧迫した。

同社が発表した資料によると、純利益は2億3700万ユーロと、前 年同期の7億5800万ユーロから減少。ブルームバーグがまとめたアナ リスト予想(4億1300万ユーロ)も下回った。売上高は前年同期比 19%減の128億ユーロ。

BASFは、市場の回復はペースが遅く、かつまだら模様になる との認識を示し、配当維持の前提としている資本コスト分の収益を計 上するとの目標は年内には達成不能の見込みとした。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE