シャープ:7-9月は4四半期ぶり黒字、液晶回復と経費削減

液晶テレビ国内最大手シャープの 7-9月期の連結純損益は4四半期ぶりに黒字に転じた。液晶テレビや パネルの販売改善、経費削減や人員体制の見直しなどが寄与した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。