コンテンツにスキップする

台湾TSMC7-9月:純利益は4四半期で最高-需要増

半導体ファウンドリー(受託生 産)世界最大手、台湾積体電路製造(TSMC)が29日発表した2009 年7-9月(第3四半期)決算は、純利益が過去4四半期で最高とな った。世界的な景気回復で顧客の需要が増加した。

発表資料によれば、純利益は前年同期比でほぼ横ばいの306億台 湾ドル(1株当たり1.18台湾ドル)。ブルームバーグ・ニュースがア ナリスト15人を対象にまとめた調査の平均値では、308億台湾ドル と見込まれていた。

富邦証券(台北)のテクノロジー担当アナリスト、ケネス・リー 氏は「顧客は世界の景気回復に対する確信を強めたことで発注を増や した」との見方を示した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE