コンテンツにスキップする

伊中銀総裁:幹部報酬に関するG20の指針、大手6行に早期導入迫る

イタリア銀行(中央銀行)のド ラギ総裁は28日、ウニクレディトやインテーザ・サンパオロなど国内 6大銀行に対し、20カ国・地域(G20)首脳会議(金融サミット)で 合意された経営幹部報酬に関する指針を、より迅速に導入するよう迫 った。

ドラギ総裁は6行に送付した同日付の書簡で、「イタリア銀 行が受け取った文書を審査したところ、報酬監視ルールの導入手続き に欠陥や遅れが見つかった」と指摘した。

スイスに拠点を置く金融安定化理事会(FSB)の議長を兼任す るドラギ総裁は、イタリア銀行は報酬ルールの導入状況を定期的に点 検していると説明。審査の結果生じるあらゆる問題について、銀行側 と協議する用意があることを明らかにした。

-- Editors: Jennifer Freedman, Jeffrey Donovan

--* 参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 柴田 広基 Hiroki Shibata +81-3-3201-8867 hshibata@bloomberg.net Editor: Ryoji Uchida 記事に関する記者への問い合わせ先: Lorenzo Totaro in Rome at +3906-4520-6326 or ltotaro@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: John Fraher at +44-20-7673-2058 or jfraher@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE