コンテンツにスキップする

IMF:アイスランド救済融資150億円供与へ-経済プログラムを承認

国際通貨基金(IMF)はアイ スランドの経済プログラムを承認し、2回目の救済融資を供与するこ とを決めた。さらに2011年5月まで取り決めを半年間延長した。

IMFは28日、最初の審査終了後に1億6750万ドル(約150億 円)の融資を実行すると表明した。今回の承認を受けて、アイスラン ドはデンマークやフィンランド、ノルウェー、スウェーデン、ポーラ ンドからの追加資金(総額6億2500万ドル)の利用も可能になる。ア イスランドが資本規制の解除に動く中で、救済資金は外貨準備の増強 に充てられる見通し。

アイスランドは2月以降、IMFの審査終了を待っていた。この 日承認された分を含めると、過去1年間のIMFからの資金供与額は 10億6000万ドルとなる。IMFは昨年11月、同国の金融危機への対 応を支援するため、21億ドル(期間2年)の融資枠を承認した。

IMFのポルトガル副専務理事は「アイスランドの金融危機は、 国内の生産が予想ほど減少していなくても、同国経済に深刻な打撃を 与えている」と指摘。「しかし、現在では明るい兆候が見られる。イ ンフレ率が急速に低下し、金融セクター再編や財政再建目標に加えて、 プログラムの主要な目標であるクローナ安定も達成されている」と説 明した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE