コンテンツにスキップする

バフェット氏が最も卓越した投資家-ブルームバーグ世界調査

ブルームバーグの最新世界調査で、 「オマハの賢人」として有名な米投資家のウォーレン・バフェット 氏が、著名ストラテジストや中央銀行総裁らを抑え、前回に続き最も 賢明な投資家に選出された。

ブルームバーグが世界の端末ユーザーを対象に実施した四半期調 査で、投資家、トレーダー、アナリストのほぼ4分の1が保険・投資 会社バークシャー・ハサウェイの会長兼最高経営責任者(CEO)で あるバフェット氏が最も卓越した金融市場の鑑定者だと回答した。

2位は債券ファンド運用最大手、米パシフィック・インベストメ ント・マネジメント(PIMCO)の創業者で共同最高投資責任者(C IO)のビル・グロス氏(16%)、3位は米資産家ジョージ・ソロス 氏(10%)、4位は2006年に今回の金融危機を予想したことで知られ る米ニューヨーク大学のヌリエル・ルービニ教授。ニューズレター「グ ルーム・ブーム・アンド・ドゥーム」を発行している有力投資家のマ ーク・ファーバー氏も上位に入った。

バーナンキ米連邦準備制度理事会(FRB)議長を選んだのは8%、 前議長のグリーンスパン氏はわずか3%だった。バーナンキ議長を評 価するとした投資家は69%(前回74%)と、世界すべての地域で高い 評価を維持した。

オバマ大統領への評価

オバマ米大統領とその経済チームへの評価は、S&P500種株価 指数の上昇や大統領のノーベル平和賞受賞にもかかわらず、7月の前 回調査から大きく後退した。世界の投資家の中で大統領を評価すると 答えたのは57%で、前回の73%を下回った。一方、米国の投資家では 約3分の2が好意的な評価をしなかった。

ガイトナー米財務長官とサマーズ国家経済会議(NEC)委員長 に対しては、米投資家の間では評価しないとの回答が評価するを上回 った。世界全体では、ガイトナー長官を評価するが48%(前回は57%)、 評価しないが43%(同39%)、サマーズ委員長を評価するが34%、評 価しないが42%だった。

調査は10月23-27日にかけて、無作為に抽出した1452のユーザ ーを対象に実施した。誤差率はプラス・マイナス2.6ポイント。

(調査の方法と詳細はここをクリックしてください)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE