コンテンツにスキップする

ゴールドマン:7-9月の米経済成長率予想を下方修正、在庫減理由に

米ゴールドマン・サックス・ グループのエコノミストは、2009年7-9月(第3四半期)の米 成長率見通しを下方修正した。最近の経済指標で在庫の減少が続い ている様子が示されたのが背景。

同社の主任米国エコノミスト、ジャン・ハッチウス氏らがまと め、28日に電子メールで顧客に送付された調査リポートによると、 7-9月期の国内総生産(GDP)は年率換算で前期比2.7%増加 の見通し。従来は3%増加を見込んでいた。

商務省が28日発表した9月の製造業耐久財受注は前月比1% 増と、半年間で4回目の増加。ブルームバーグ・ニュースがまとめ たエコノミスト予想(中央値)と一致した。ゴールドマンのエコノ ミストは同2%増を見込んでいた。9月の耐久財在庫は同1%減と なった。

リポートによると、成長率見通しを下方修正した理由の一つは、 設備投資の先行指標となる航空機を除く非国防資本財受注が予想よ り「若干弱かった」こと。在庫が引き続き減少していることも、7 -9月期の成長の足かせになるという。

ブルームバーグがまとめたエコノミスト予想によると、商務省 が29日発表する7-9月期のGDP速報値は、年率換算で前期比

3.2%増加する見込み。4-6月期までは4四半期連続の減少と、 四半期ベースの統計が始まった1947年以降で最長の連続マイナス 成長だった。

-- Editors: Carlos Torres, Brendan Murray

--* 参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 柴田 広基 Hiroki Shibata +81-3-3201-8867 hshibata@bloomberg.net Editor: Kanta Watanabe 記事に関する記者への問い合わせ先: Timothy R. Homan in Washington at +1-202-624-1961 or thoman1@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Christopher Wellisz in Washington at +1-202-624-1862 or cwellisz@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE