コンテンツにスキップする

ECBのノワイエ氏:10年のユーロ圏成長率、1%強に-レゼコー紙

欧州中央銀行(ECB)政策委 員会メンバー、ノワイエ・フランス銀行(中央銀行)総裁は、ユーロ 圏の経済成長率が1%を「若干」上回る水準になるとの見通しを示し た。フランス紙レゼコー(オンライン版)が28日、同総裁とのイン タビューの内容として伝えた。

ノワイエ総裁は「景気刺激策や金融政策に支えられて、7-12 月(下期)に成長率が持ち直すとみている」とし、2010年の経済成 長率見通しは「ユーロ圏については、フランスと同様に、1%を若干 上回る水準になる」と述べた。

ただ、来年の成長には「不透明感が強い」と言明。銀行は引き続 きバランスシートの強化を続ける必要があるとし、経済に資金を供給 するための貸し出しに注力する必要があると付け加えた。

さらに総裁は、市場に新たな投機的バブル形成のリスクは見当た らないとするとともに、「時期尚早だ」として、仏政府による金融セ クター向けの追加流動性の引き揚げを否定した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE