コンテンツにスキップする

米シマンテック7-9月:利益は市場予想上回る-株価上昇

コンピューターウイルス対策 ソフト最大手、米シマンテックが28日発表した2009年7-9月(第 2四半期)決算は、利益がアナリスト予想を上回った。競合企業か ら顧客を奪い返したことと、ビジネスユーザーの拡大が寄与した。 決算発表を受け、時間外取引で株価は一時5.9%高となった。

同社の発表資料によれば、純利益は1億5000万ドル(1株当 たり18セント)と、前年同期の1億2600万ドル(同15セント) から19%増加した。一部費用を除いた1株利益は36セントと、ブ ルームバーグがまとめたアナリスト予想平均(33セント)を上回っ た。

半年前に就任したエンリケ・セーレム最高経営責任者(CEO) は、より多くの従業員に販売ノルマを課すことで受注の増加を図っ た。政府がセキュリティー関連の支出を増やしたことも同社にプラ スとなっている。

フリードマン・ビリングス・ラムゼーのアナリスト、ダニエル・ アイブズ氏はシマンテックについて、「好転し始めている」とした上 で、「セーレムCEOは、販売部門の問題点を改善する良い仕事をし た」と評価した。

シマンテックの株価は時間外取引で92セント高の16.65ドル を付けている。通常取引終値は15.73ドル。年初来では16%上げ ている。

同社はこの日、10億ドル規模の自社株買い計画も発表した。

10-12月期(第3四半期)については、一部費用を除いた1 株利益が36-37セント、売上高は14億9000万-15億2000万 ドルとの見通しを示した。アナリスト予想は1株利益が37セント、 売上高は14億9000万ドルとなっている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE