コンテンツにスキップする

NY金:5日続落、3月以来最長の連続安-ドル上昇で需要後退が続く

ニューヨーク金先物相場は続落。 今年3月以来で最長の5日連続安となった。ドルが上昇し、代替投資 としての金の需要が落ち込んだのが背景。

プロスペクター・アセット・マネジメントのレナード・カプラン 社長は「ドルの動きにかなり左右されている。ドルと金が直接関わり 合っているのが分かる」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先物 相場12月限は、前日比4.90ドル(0.5%)安の1オンス=1030.50 ドルで取引を終了した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE