コンテンツにスキップする

米グッドイヤー株、87年以来最大の20%安、業績見通し嫌気

米最大のタイヤメーカー、グ ッドイヤー・タイヤ&ラバーの株価が22年ぶりの大幅安。10-12 月(第4四半期)の北米営業損益が赤字になると予想したことが嫌気 された。

同社がこの日発表した7-9月(第3四半期)決算は、純利益が 7200万ドル(1株当たり30セント)と、前年同期の3100万ドル (同13セント)の2倍以上に拡大した。売上高は前年同期比15%減 少の44億ドル。

ダレン・ウェルズ最高財務責任者(CFO)はアナリスト説明会 で、北米の営業損益が7-9月期の200万ドルの黒字から7500万 -1億2500万ドル悪化し、赤字に転落すると予想した。北米は売上 高では4地域のうちで最大。

株価は3.28ドル(20%)安の13.46ドルで終了した。ブルー ムバーグがまとめたデータによると、この日の下げは1987年10月 19日以降で最大。S&P500種株価指数の構成銘柄で下落率トップ となった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE