コンテンツにスキップする

インド株(終了):続落、刺激策引き揚げと金融引き締めを警戒

インド株式相場は続落。イン ド準備銀行(RBI、中央銀行)が金融政策を引き締め、政府が景気 刺激を狙った支出を一時休止するとの懸念が強まり、売りが優勢とな った。

インド最大の自動車メーカー、マルチ・スズキ・インディアは

4.3%下落。RBIのスバラオ総裁は27日、調整された方法で刺激 策から「脱却」する必要があるかもしれないと発言した。国内2位の 銀行、ICICI銀行は3%下げた。

ボンベイ証券取引所のセンセックス30種株価指数は前日比

69.91ポイント(0.4%)安の16283.49で終了。前日は2.3%下 げており、2営業日の下落率としては8月17日以降で最大となった。

マルチ・スズキ(MSIL IN)の終値は1415.40ルピー、ICI CI銀行(ICICIBC IN)は809.45ルピーとなった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE