コンテンツにスキップする

ペトロチャイナ7-9月:24%減益、原油安で予想下回る

時価総額で世界2位の企業で 中国の石油最大手、ペトロチャイナ(中国石油)が28日発表した 2009年7-9月(第3四半期)決算は、前年同期比24%減益となっ た。原油価格が1年前の記録的水準から下落したことが響いた。

上海証券取引所への届け出によれば、純利益は308億元と、前 年同期の403億元から減少。ブルームバーグ・ニュースがまとめた アナリスト5人の予想中央値(350億元)を下回った。

7-9月期の原油価格は平均で前年同期を42%下回った。昨年 7月21日には1バレル=147.27ドルまで上げ、過去最高値を記録 した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE