コンテンツにスキップする

中国の交通銀行:7-9月は1.5%増益、融資増が寄与

中国4位の銀行、交通銀行が28 日発表した2009年7-9月(第3四半期)決算は、前年同期比1.5% 増益となった。景気回復に伴い、融資が記録的な伸びとなったほか、 手数料サービスに対する需要の増加が寄与した。

発表資料によれば、純利益は73億2000万元(1株当たり0.15 元)と、前年同期の72億元(同0.14元)から増加。ブルームバーグ がまとめたアナリスト8人の予想平均では74億5000万元と見込まれ ていた。

交通銀の融資残高は9月末時点で1兆8000億元と、年初から36% 増加。9月末の不良債権比率は1.44%と、昨年12月末の1.92%から 改善した。

中国の国内銀行は、同国政府の5860億ドル規模の景気刺激策を側 面から支援するため、1-9月期に合わせて1兆2700億ドルの新規融 資を行った。平安証券のアナリスト、劉英華氏は、来年は9.5%のプ ラス成長が見込まれる中国経済を背景に、銀行利益は少なくとも20% 増加すると見込んでいる。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE