コンテンツにスキップする

アジア株:下落、企業決算で世界経済の回復に懸念-NABが安い

28日のアジア株式相場は下落。M SCIアジア太平洋指数が3週間ぶりの安値となった。豪ナショナル・ オーストラリア銀行(NAB)の赤字決算やキヤノンの減益が、世界 経済の回復の強さに対する懸念を招いた。

NABは2.8%安。2009年4-9月(下期)決算が、貸倒損失費 用の増加で赤字となったことが響いた。デジタルカメラ世界最大手の キヤノンも下落。7-9月期に7四半期連続の減益となり、嫌気され た。「極めて不透明」な経済見通しに懸念を示した東芝も下げた。豪製 鉄会社、ブルースコープ・スチールは、中国の鉄鋼在庫水準が供給過 剰を示していると受け止められ、シドニー市場で3.5%安。

MU投資顧問の森川央シニアストラテジストは、景気刺激策の終 了とともに深刻な反動が生じるという見方が広がりつつあると指摘。 企業決算は今のところ好調かもしれないが、過去の材料であり、不透 明な将来に対する懸念のほうが大きいと語った。

MSCIアジア太平洋指数は日本時間午後3時37分現在、前日比

1.1%安の116.61。このまま引ければ終値は6日以来の安値となる。 日経平均株価は同137円41銭(1.4%)安の1万75円5銭で取引を終 えた。

-- With assistance from Akiko Ikeda and Kana Nishizawa in Tokyo. Editors: Darren Boey, Sam Waite

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 若林 有紀 Yuki Wakabayashi +81-3-3201-2263 Ywakabayash1@bloomberg.net Editor: Fumihiko Kasahara 記事に関する記者への問い合わせ先: Shani Raja in Sydney at +61-2-9777-8652 or sraja4@bloomberg.net; Patrick Rial in Tokyo at +81-3-3201-3773 or prial@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Darren Boey at +852-2977-6646 or dboey@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE