コンテンツにスキップする

金は今後3年で2000ドルへ、「強烈」インフレで-スーパーファンド

スーパーファンド・ファイナンシ ャル・シンガポールのマネジングディレクター、アーロン・スミス氏 によると、各国政府の紙幣増刷を引き金とした「強烈」なインフレの 影響を回避する動きが投資家の間に広がり、金相場は今後3年で過去 最高の1オンス=2000ドルに上昇する可能性がある。

スミス氏(30)はインタビューで「2、3年後にはデフレサイク ルが終わり、強烈なインフレを目にすることになる」と述べ、「ドルの 価値がなくなるため、一杯のコーヒーを買うのに20ドルか30ドルを 支払う日が間もなく来るだろう」と予想した。

同社のスーパーファンド・グリーン・ゴールドAファンドは2005 年の設定開始以来、2倍強に値上がりしている。今年のリターンがマ イナス15.6%と低迷しているのは、ボラティリティ(変動性)上昇が 原因だとスミス氏は説明した。金相場は今月、米国などの国債増発を 背景に、過去最高値を更新している。

スミス氏は「米ドルが暴落すれば、すべての紙幣が急落を余儀な くされるだろう」と指摘した。同氏は5月と今月初めにも金相場につ いて同様の見通しを示している。同氏はまた、「ほかに素晴らしい投資 機会を提供しているのは銀だ」と語った。

金現物価格は今月14日に1オンス=1070.80ドルの最高値を付け た。シンガポール時間28日正午(日本時間午後1時)は1039.32ドル。 年初来では金は18%値上がりしている一方、ドル指数は6.4%安。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE