コンテンツにスキップする

日本株は続落、景気不透明感で電機や不動産売り-中国関連下げきつい

東京株式相場は、幅広い業種が売 られて続落。米消費者信頼感指数の予想外の低下、為替の円高や長期金 利の上昇傾向などから景気の先行き不透明感が広がった。電機株が安く、 不動産は東証1部の業種別33指数で下落率首位。海運や非鉄金属、鉄 鋼といった中国関連株も下げがきつい。

トヨタアセットマネジメント投資戦略部の浜崎優シニアストラテジ ストは、「金融政策の出口論が議論され始める中、解除後も成長の先行 きが見えるかどうかにより、今後は各国株の下値抵抗力が違ってくる」 と指摘。新政権の成長戦略が見えず、日本株は他国より先に買われない としたほか、「決算などの好材料を評価しないのは、資金が流入してこ ないことに対する弱気心理が出ているため」と話した。

日経平均株価の終値は前日比137円41銭(1.4%)安の1万75円 5銭と、2週間ぶりの安値水準。TOPIXは6.68ポイント (0.8%)安の888.80。

この日の相場は朝方こそ小動きで始まったが、その後は先物主導で じりじりと安くなった。東芝やキヤノン、日立建機など時価総額が大き く、決算や業績修正を発表した銘柄が大きく売られ、投資家心理が悪化。 午後にかけて円高がさらに進むと株価は一段安となり、日経平均は投資 家の短中期的売買コストを示す25日移動平均線(1万115円)を終値 で2週ぶりに割り込んだ。

景気や業績先行きに慎重姿勢

27日発表の10月の米消費者信頼感指数は47.7と、前月の改定値

53.4から低下し、ブルームバーグがまとめたエコノミスト予想中央値 の53.5を下回った。MU投資顧問の森川央シニアストラテジストは、 「米国の自動車や住宅などの支援策の反動が大きくなるかもしれないと の意識が強まり、投資家は業績の先行きに対して慎重になり出した」と 指摘している。

また、国内で本格化している決算発表を受け、個別で上昇する銘柄 は散見されるが、相場全体を押し上げには力不足。コスモ証券の木村勝 投資調査部長によると、「企業の上半期業績は良かったが、通期業績の 上方修正は限られている。企業は、景気がひど過ぎる状況からは戻して も、これから業績が良くなるとは考えていない」という。業績の上振れ が当面期待できない状況となり、「PER(株価収益率)が40倍近い 株価水準は絶好の売り場になる」と、木村氏は話す。

東証1部の業種別33指数の下落率上位には海運、鉄鋼、非鉄金属 などが並んだ。「海運株の業績予想の下方修正を受け、機械などほかの 中国関連にも連想売りが広がっている」と、丸三証券の牛尾貴投資情報 部長は指摘。特に海運株については、「コンテナ船事業の悪化は構造問 題で、今後2-3年は業績の低迷が続くだろう」との見方を示した。

不動産は下落率首位

また、きのう下げが顕著だった不動産には売りが継続し、業種別下 落率で首位となった。コスモ証の木村氏は、「マンション販売事業やオ フィス賃貸事業の改善を期待して上半期は株価が上昇したが、結局両事 業とも改善していない」と分析。銀行の自己資本規制強化や長期金利上 昇もマイナス材料で、「上半期業績の上方修正はあまり期待できない」 としていた。10年3月期連結営業損益が一転赤字見通しとなったレオ パレス21は値幅制限いっぱいのストップ安だった。

--取材協力:Patrick Rial Editor:Shintaro Inkyo、Makiko Asai

参考画面: 記事についての記者への問い合わせ先: 東京 長谷川 敏郎 Toshiro Hasegawa +81-3-3201-8361 thasegawa6@bloomberg.net 記事についてのエディターへの問い合わせ先: 東京 大久保 義人  Yoshito Okubo +81-3-3201-3651  okubo1@bloomberg.net 香港 Darren Boey +852-2977-6646 dboey@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE