コンテンツにスキップする

米GMAC:3度目の公的資金注入で財務省と交渉-関係者

これまでに2度の公的支援で計 135億ドル(約1兆2300億円)を受け取っている米金融会社GMA Cは、米財務省との間で、3度目の公的資金注入について交渉してい る。事情に詳しい関係者1人が明らかにした。

取引がまだ完了していないことを理由にこの関係者が匿名で語っ たところによれば、米政府はGMACに対して28億-56億ドルを追 加注入する可能性がある。資金注入は優先株発行を伴う見込みで、既 存株を普通株に転換した場合、政府の持ち株比率は35.4%に達する 見通しだという。

米紙ウォールストリート・ジャーナル(オンライン版)が27日 に事情に詳しい複数の関係者の話を引用して報じたところによれば、 米連邦預金保険公社(FDIC)もGMACに対し、事業資金調達を 支援するため債務29億ドルの追加保証を行うと伝えた。GMACの 広報担当、FDICのジナ・プロイア氏とFDICの広報担当、アン ドルー・グレイ氏はともにコメントを控えた。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 城塚 愛也 Aiya Shirotsuka +81-3-3201-2482 ashirotsuka@bloomberg.net Editor:Yoshito Okubo 東京 麗英二 Eiji Toshi +81-3-3201-2421 etoshi@bloomberg.net 記事に関する記者への問い合わせ先: Peter Eichenbaum in New York at +1-212-617-5722 or peichenbaum@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Alec McCabe in New York at +212-617-4175 or amccabe@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE