コンテンツにスキップする

米デラウェア州の元GM工場、自動車ベンチャーが買収-副大統領発表

バイデン米副大統領は27日、地 元デラウェア州にある元ゼネラル・モーターズ(GM)組立工場の政 府資金による買収は同工場の「再生」となると表明した。

バイデン副大統領は、米自動車ベンチャー、フィスカー・オート モーティブ(非公開企業)による買収発表のため同工場(デラウェア 州ウィルミントン)を訪れた。フィスカーは5億2870万ドル(約483 億円)の政府融資の一部を同工場の買収に充てる。工場改修には1億 7500万ドルを投じ、家庭の電源で充電できるプラグイン型ハイブリッ ド車を年間最大10万台生産する計画。

バイデン副大統領は、「ここで製造される自動車は真に将来の車と なる」との期待を示し、元GM工場の電気自動車メーカーへの売却は 「米国の再生の象徴だ」と述べた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE