コンテンツにスキップする

Wシリーズ勝敗めぐりチーム本拠地市長が賭け-負けたらボランティア

米大リーグのア・リーグ覇者ヤ ンキースの本拠地ニューヨーク市のマイケル・ブルームバーグ市長と、 ナ・リーグ覇者フィリーズの本拠地フィラデルフィアのマイケル・ナ ッター市長は、ワールドシリーズの勝敗をめぐって「前代未聞」の賭 けをすることになった。

賭けに負けた市長は勝者の市を訪問し、勝利チームのユニホー ムを着てボランティア活動に参加するという約束。寄付された塗料を 使って学校や地域施設の塗装のボランティアを行う団体のパブリカラ ーが賭けのスポンサーとなる。

28日開幕する同シリーズでヤンキースが勝利の場合、ナッター 市長はブロンクス地区にあるアルバート・アインシュタイン・インタ ーミディエート・スクールのオープンスペースで塗装作業を行う。フ ィリーズが連覇すれば、ブルームバーグ市長はフィリーズの赤のスト ライプのシャツを着てフィラデルフィアのレクリエーションセンター の壁面を塗装するという。

ブルームバーグ市長はブルームバーグ・ニュースの親会社ブル ームバーグ・エル・ピーの創業者で過半数株主。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE