コンテンツにスキップする

アイカーン氏:米CITに45億ドルの融資提案-回答求める

米著名投資家のカール・アイカ ーン氏は27日、経営難に陥っている米商業金融CITグループに対 して新たに45億ドル(約4100億円)のタームローン(中長期事業 資金貸付)を提案した。同氏は同日午後6時(日本時間28日午前7 時)までの回答を求めている。

CITに対して20億ドルの債権を有する最大の債券保有者だと 主張しているアイカーン氏は電子メールで送付した発表文で、「タ ームローン手続き完了と多額の資金節減に向けて夜を徹して協議す る」用意があると表明した。

同氏は事前調整型の破産法申請計画などを含めた約300億ドル の債務交換の条件に反発している。

ブルームバーグ・ニュースは回答期限の午後6時過ぎにCITの 広報担当カート・リッター氏とアイカーン氏に取材を申し込んだが、 今のところ返答は得られていない。

アイカーン氏はまた、CITが他の債券保有者からの資金調達を 完了した場合、「融資と抵当権の有効性について裁判で争う意向だ」 と説明している。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE