コンテンツにスキップする

NY、ロンドンより高いビッグマック-天井知らずのブラジル通貨高

ブラジルの通貨レアルの年初来 上昇率は33%と、主要通貨中で1位。サンパウロで売られる米マク ドナルドのハンバーガー「ビッグマック」の価格はニューヨークやロ ンドンよりも高くなっており、レアルが過大評価されている状況を示 唆している。

サンパウロでのビッグマックの価格は8レアル(約420円)。 ドル換算で4.6ドルとなり、ニューヨークの3.99ドル、ロンドンの

2.29ポンド(約3.75ドル)を上回る。

ルラ大統領やマンテガ財務相はレアル高による輸出や雇用への 影響を指摘し、先週は一段高を抑える目的でブラジルの株式や債券を 購入する外国人投資家を対象とする新税を導入した。それでもゴール ドマン・サックス・グループのパウロ・レメ氏ら複数のアナリストは、 レアルの上昇継続を見込んでいる。レメ氏は今月14日、レアルが向 こう1年で6%余り値上がりするとの見通しを示した。

ブルームバーグがモニターするオプション取引のインプライ ド・ボラティリティ(予想変動率)によれば、レアルが年末までに1 ドル=1.69レアルに上昇する確率は70%。

ゴールドマンの中南米担当チーフエコノミストを務めるレメ氏 はインタビューで「レアルは引き続き上昇するだろう。価値評価は問 題ではない」と語った。

レアルは主要16通貨中、年初来上昇率が1位のほか、新興市場 国通貨のけん引役でもある。ブラジルの株式・債券に対する需要のほ か、米格付け会社ムーディーズ・インベスターズ・サービスによる格 上げ、他国よりも早いリセッション(景気後退)からの脱却が通貨高 の理由。サンパウロ時間27日午後6時20分(日本時間28日午前5 時20分)現在は1ドル=1.7388レアル。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE