コンテンツにスキップする

高級自転車・釣具さえずシマノ株急落、出荷減り通期業績を下方修正

自転車製品に強みを持つシマノ の株価が一時、前日比6.4%安の3680円と急落。自転車製品の在庫調 整はほぼ完了したが、製品出荷が依然落ち込んでおり、2009年12月 通期の連結営業利益が前回予想を18%下回る見通しとなった。出荷の 回復まで株価も低迷するとみる向きが多く、売りが先行した。

シマノが27日の取引終了後に公表した2009年1-9月期決算に よると、本業のもうけを示す連結経常利益は前年同期比51%減の137 億円となり、会社計画を下回った。世界的な景気後退を背景に中高価格 帯の自転車需要が低迷し、自転車部品部門の営業利益が同47%減の 134億円と低調。また、釣具部門も同73%減の6億8400万円と悪化、 その他部門は3億7200万円の赤字を計上した。

修正後の通期業績予想は、連結売上高が前期比22%減の1830億 円、営業利益が同47%減の200億円。前回予想と比較すると、売上高 で120億円(6.2%)、営業利益で45億円(18%)の減額修正となる。

コスモ証券投資調査部の大西等シニアアナリストは、「7月以降、 生産は回復しているが、出荷は減少しているようで、第1四半期(1- 3月期)の状況が続いている。出荷が改善しない限り、株価も軟調に推 移せざるを得ない」と指摘。同証では、シマノ株の投資判断を「中立」 で継続している。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE