コンテンツにスキップする

三洋:パナソニックとの統合に向け電池事業で何らかの売却を検討中

充電池世界最大手の三洋電機はパナ ソニックとの統合に向け、電池事業で何らかの売却を検討している。グ ローバル広報部長の岡本浩之氏が28日、読売新聞の報道を受けて、ブル ームバーグ・ニュースの電話取材に語った。

28日付の読売新聞朝刊は、三洋電機がパソコンやゲーム機などに使 うニッケル水素電池の生産子会社を国内の電子部品メーカーに売却する と報じた。今後は主流となりつつあるリチウムイオン電池に注力すると している。報道について、岡本氏は「ニッケル水素電池事業の売却は正 式に決定していない」と話し、読売報道は同社の発表によるものではな いとした。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE