コンテンツにスキップする

AMD前CEOがガリオン事件容疑者に情報提供-関係者

米ヘッジファンド大手ガリオン・ グループを舞台とするインサイダー取引疑惑で、容疑者の1人に情報 を提供した疑いを持たれている米半導体メーカー、アドバンスト・マ イクロ・デバイシズ(AMD)の幹部は、ヘクター・ルイス前最高経 営責任者(CEO)であることが分かった。捜査に詳しい関係者が明 らかにした。

非公開情報を利用して株取引を行ったとされるダニエル・キエシ 容疑者に対する訴追請求状は、匿名の「AMD幹部」が同容疑者に情 報提供したとしている。捜査の詳細が公表されていないことを理由に 匿名を条件に語った同関係者によると、ルイス氏がこの幹部だという。 ルイス氏は昨年、CEOを退任し、AMDによる製造部門の分離で誕 生したグローバルファウンドリーズの会長に就任した。

キエシ容疑者は、ベアー・スターンズ・アセット・マネジメント の元幹部。ガリオンに絡むインサイダー取引疑惑で連邦司法当局が訴 追請求した容疑者の1人。裁判所に提出された資料には、録音された キエシ容疑者と匿名のAMD幹部の会話が含まれている。この中で同 幹部は、製造部門を分離し、アブダビ政府との合弁会社を設立する時 期について話している。この会社がグローバルファウンドリーズとな った。同幹部は、合意が発表される前の昨年9月にキエシ容疑者にこ の情報を伝えていたという。

グローバルファウンドリーズ広報担当のジョン・カービル氏は、 ルイス氏はコメントを控えると述べた。AMD広報のドルー・プレー リー氏も捜査についてコメントを避けた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE