三井生命:公社債比率40%維持で安定収益確保、株式は圧縮-下期運用

総資産で国内5位の三井生命保険 は2009年度下期も運用資産(一般勘定)に占める国内公社債の比率を 40%程度に維持する。株式をはじめとするリスク資産を引き続き圧縮す る一方で、国債などの確定利付資産を増やして安定収益を確保する。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。