コンテンツにスキップする

米IBM:自社株買いを50億ドル拡大-取締役会が承認(Update1)

コンピューターサービス最大手 の米IBMは27日、自社株買いプログラムに50億ドル(約4590 億円)を追加することを取締役会が承認したと発表した。増益が続い ているのを受け、株主に利益を還元する。

発表資料によると、IBMの当初の自社株買いプログラムには、 9月末時点で42億ドルが残っており、50億ドルはこれに追加され る。IBMの株価は年初から43%上昇している。

アトランティック・エクイティーズのハイテク担当アナリスト、 クリス・ヒッキー氏(ロンドン在勤)は「長年にわたって資本を株主 に還元してきたやり方と一致している。株価の大幅上昇後も、自社株 買いを続けていることをはっきりと確認した」と指摘した。

サム・パルミサーノ最高経営責任者(CEO)率いるIBMは、 過去6年間で700億ドル強を株主に還元してきたと説明。同社は、 今月発表した2009年7-9月(第3四半期)決算が14%増益とな り、09年通期の1株利益見通しを少なくとも9.85ドルと上方修正 している。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE