コンテンツにスキップする

中国株(午前):上海総合指数、約1カ月ぶり大幅安-中国石油が安い

27日午前の中国株式市場では、 上海総合指数が約1カ月ぶり大幅下落となった。同指数は10週間ぶ り高値に達していた。資源価格の値下がりで石油と金属株が下げた。

原油相場が4週間ぶり大幅安となったことが響いて、中国の石油 最大手ペトロチャイナ(中国石油、601857 CH)は2.3%安。銅生 産で同国最大手の江西銅業(600362 CH)は3.8%の値下がり。銅 はほぼ1年1カ月ぶり高値から反落した。

上海証券取引所の人民元建てA株と外貨建てB株の双方に連動 している上海総合指数は現地時間午前11時半(日本時間午後零時半) 現在、前日比55.03ポイント(1.8%)安の3054.54と、9月28 日以来で最大の下げとなった。上海、深セン両証取のA株に連動して いるCSI300指数は同1.6%安の3358.65。

--Chua Kong Ho. With assistance by Bernard Lo and Emily Yamamoto in Hong Kong. Editors: Richard Frost, Linus Chua

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 野崎 ひとみ Hitomi Nozaki +81-3-3201-3549 or hnozaki@bloomberg.net  Editor:Akiko Kobari 記事に関する記者への問い合わせ先: Chua Kong Ho in Shanghai at +86-21-6104-7011 or kchua6@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Linus Chua at +65-6212-1530 or lchua@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE